« 大仁神社 | トップページ

2006年12月22日 (金)

冬至

12月22日は、一年のうちで、太陽が一番、短い日。

夏至からはじまった下り坂が、この日を境に、上昇に転じる。

古来、人々は、この日に、盛大なお祭りをしてきたらしい。

天地との会話が、ごく自然に行われていた時代。

うべなるかな。

ためにためられた力が、この日を境に、噴出する、というイメージ。

凝縮された、草草の、球根のような日。

草薙神社と関田神社へ行く。

どちらにも、樹齢何百年という大樹がある。

こころなしか、本日のエネルギーは、とても、パワフルに感じた。

といっても、倒されそうな、ではなく、芯の奥のほうからじわっと、と言う感じ。

|

« 大仁神社 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95967/4637941

この記事へのトラックバック一覧です: 冬至:

« 大仁神社 | トップページ