« 静明寺 | トップページ | 冬至 »

2006年7月16日 (日)

大仁神社

Cimg5807 Cimg5815 伊豆の大仁神社。

ご祭神は大山咋 命(おおやまくいのみこと)

相殿は誉田別命(ほんだわけのみこと)倉稲魂命(らがのみたまのみこと)火産霊命(ほむすびのみこと)

加茂喜三さんによれば、大仁神社を頭にして、長岡の大男山をみぞおち、三島大社を股間に、という構図で、大仁は大人だった、ここは、日の斎祀所だった、と。

冬至の日の出の方向に向かって三島大社がある。

由緒書きによれば、大同年間(1300年前)に近江国の日吉大社からの御分霊、とある。日の斎祀ということであれば、さらに何百年とさかのぼることになるだろう。

石段を上がっていくと珍しく息が切れた。おかしいな、と思いつつ、お参りした後、本殿の裏にまわると石つくりの小祠があった。そこからはパワーをもらえた。エネルギーが循環するのがわかった。

Cimg5811 帰りがけ、石段で近所に住む80歳になるおばさんとすれ違う。

四方山話を聞いて、帰途につく。

|

« 静明寺 | トップページ | 冬至 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95967/2675999

この記事へのトラックバック一覧です: 大仁神社:

« 静明寺 | トップページ | 冬至 »