« 2006年6月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年7月16日 (日)

大仁神社

Cimg5807 Cimg5815 伊豆の大仁神社。

ご祭神は大山咋 命(おおやまくいのみこと)

相殿は誉田別命(ほんだわけのみこと)倉稲魂命(らがのみたまのみこと)火産霊命(ほむすびのみこと)

加茂喜三さんによれば、大仁神社を頭にして、長岡の大男山をみぞおち、三島大社を股間に、という構図で、大仁は大人だった、ここは、日の斎祀所だった、と。

冬至の日の出の方向に向かって三島大社がある。

由緒書きによれば、大同年間(1300年前)に近江国の日吉大社からの御分霊、とある。日の斎祀ということであれば、さらに何百年とさかのぼることになるだろう。

石段を上がっていくと珍しく息が切れた。おかしいな、と思いつつ、お参りした後、本殿の裏にまわると石つくりの小祠があった。そこからはパワーをもらえた。エネルギーが循環するのがわかった。

Cimg5811 帰りがけ、石段で近所に住む80歳になるおばさんとすれ違う。

四方山話を聞いて、帰途につく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静明寺

Cimg5857

石川県金沢市、浅野川のほとりにある。

徳田秋声のお墓のある静明寺。

じょうみょうじ、と読む。法華宗。

お盆にはCimg5861 「きりこ」という燈籠に似たものをお墓につる下げるらしい。境内にいたおばさんに教えてもらった。

ろうそくに火をともすので、夜はきれいだけど、風が吹くと大変。終わったら、燃やしてしまうらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菅原神社

Cimg5879 宇多須神社のすぐ前にある東茶屋町の鎮守社。

この地域は、京都のように、寺社仏閣がひしめいている。

Cimg5887 このように煙草をすうところを用意してくれてある。

タクシーなんかも、アイドリングしていると、見回りのおじさんが目を光らせていて、注意されていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇多須神社

Cimg5884 石川県金沢市の卯辰山麓にある。

100mも行くと、東茶屋町という昔遊郭だったところがある。

御祭神はおおぜいいらっしゃるので、写真にします。

Cimg5883 お参りを済ませて、石段を降りてくる途中、30歳過ぎの娘さんとおかあさんとすれ違った。

慣れた手つきで手水を使っていた。

もともと加賀藩社の卯辰八幡宮といったらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年12月 »