« 山宮浅間神社 | トップページ | 太神社 »

2006年5月 6日 (土)

愛宕神社

Cimg5222 舘山寺の愛宕神社。

へんな言い方だけど、隣に、舘山寺はあるけれど、地名になっているから。

ご祭神は、火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)=日産霊神。

神亀4年(667年)鎮座というから、1300年以上前、ということになる。

諸国行脚の西行法師が詠じた歌が残っている。

 舘山の若帆の松の苔むしろ

  都なりせば吾も来て見む

Cimg5229 愛宕神社の奥の院もあった。

仙台の飯綱、京師の愛宕、秋葉の三尺坊、讃岐の金毘羅は、いずれも、もとは竜神だ、という。

|

« 山宮浅間神社 | トップページ | 太神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95967/1690105

この記事へのトラックバック一覧です: 愛宕神社:

» 迦具土神 [神話&神々の研究]
迦具土神カグツチとは、記紀神話における火の神。古事記では、火之夜藝速男神(ひのやぎはやをのかみ)・火之?毘古神(ひのかがびこのかみ)・火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ;加具土命)と表記される。また、日本書紀では、軻遇突智(かぐつち)と表記される。.wikilis{font-size:10px;col...... [続きを読む]

受信: 2006年6月 4日 (日) 18時20分

« 山宮浅間神社 | トップページ | 太神社 »