« 二之宮浅間神社 | トップページ | 北東本宮小室浅間神社 »

2006年5月 9日 (火)

徐福雨乞地蔵祠

Cimg5068 富士吉田市明見、明見湖の東、いまは、新興住宅地に造成されたところに、窮屈そうに建っていた。

徐福雨乞地蔵祠。

Cimg5070 誰かのブログの徐福伝説が伝えられる全国地図には、20箇所以上あったと思うけれど、ここも、そのうちのひとつ。

「宮下文書」が言うには、紀元前200年前後、秦の始皇帝と一年くらいの違いで死去した徐福が、富士王朝のことをその末裔から聞き書きして、12の文書にした、と。

紀州に3000日くらいいて、その後富士に来たらしい。

福、がつく苗字はだいたい、徐福の末裔だと言っている。

|

« 二之宮浅間神社 | トップページ | 北東本宮小室浅間神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95967/1727931

この記事へのトラックバック一覧です: 徐福雨乞地蔵祠:

« 二之宮浅間神社 | トップページ | 北東本宮小室浅間神社 »