トップページ | 春埜山大光寺 »

2006年4月29日 (土)

木之元神社

Cimg5359 富士市吉原駅近く、木之元神社。

駐車場手前にあった御神水の祠。

奈良の木之元神社の泣沢女神を勧請したらしい。

このあたりは、鈴川という。

もともと、すずやかな、聖なる地、という意味があるようだ。

鈴明の典(すずかのおしえ)というのが、「秀真伝(ほつまつたえ)」にあるという。

 鈴暗(すずくら) 戒めを失ったとき子孫絶える

 鈴明(すずか) 我執を棄て幸せを得る

駿河=するがの地名の由来、という説も。

富士山頂からの清水が地下から湧き出ていた聖地だ、と。

境内に、ムクロジというご神木があり、富士市の天然記念物指定されていた。

|

トップページ | 春埜山大光寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95967/1661213

この記事へのトラックバック一覧です: 木之元神社:

トップページ | 春埜山大光寺 »